仕事

事務職に興味があるなら|会計事務所の求人に応募してみよう

作業員

経験値がものを言う

現場監督に採用されやすい人は、これまでの経歴が関係してきます。経験者は採用されやすいものです。また、ある程度の年齢に達しており、人望のある人も向いています。現場の責任者となるからこそ、周りから尊敬される人が向いているのです。

オフィス

希望する職場で働くために

貿易会社への就職を成功させるためには、まずは分野を決めることです。経験や興味に応じて分野を定め、志望動機と絡めて説明できるようにしましょう。そして語学力も大切です。貿易会社だからといって外国語が必要になるわけではありませんが、外国語と全く関係のない貿易会社はないので勉強する姿勢は重要です。

会計事務に興味のある方へ

会社

会計事務の仕事内容

会計事務所については、看板を街中で見かけることはあっても実際に訪れたことはないという人がほとんどです。また、取り扱かっている情報の性質上秘密を守ることが絶対条件であることも手伝って、詳細はベールに包まれている印象があります。会計事務所の求人を見かけたけれど自分でも応募できるのか分からないという人もいるのではないでしょうか。会計事務所の仕事についておおまかに説明すると、顧客の財務管理や税務処理を代行する職業、ということになります。取り扱う情報量は膨大で、顧客や金融機関に求められたときにはすぐに提出・報告できるよう、常に情報を管理しておく必要があります。このため、会計事務所では作業を素早く正確にこなすことができる人材が求められます。顧客に対して分かりやすく丁寧に説明・報告ができるコミュニケーション能力も重要です。また、守秘義務が鉄則となっていることもあり、少人数で仕事をこなす会計事務所も多くあります。このような事務所では、新たに採用された人に対して業務内容を説明する時間が取れないことが多いため、採用の際には実務経験者が優遇されやすくなります。未経験者可となっている求人の場合でも、簿記2級以上の資格があるとアピールしやすくなります。なお、先に述べた通り会計事務所は少人数であることが多く、求人をかける機会もあまり多くありません。もし会計事務所で働いてみたいと考えているなら、日頃から求人をチェックしながら、会計事務に関して勉強しておくなどの心構えをしておきましょう。

履歴書

就職先の探し方

中高年でも多くの求人を募集しています。中高年にしかできない仕事があります。今までの長年の人生で培ってきた経験を生かして働きましょう。ハローワークや派遣会社、求人サイトなど様々な方法で探すことができます。